【報告】12月のインクリ

12月21日の定例勉強会インクリメントでは、26日に迫った冬季拡大勉強会の提案について検討しました。

渡辺先生からは、「参加者全員で考える授業づくり」での『振り子の運動(5年)』について問題点や課題、それらに対する解決策が提案されました。
振り子の運動の学習に対する問題点や課題として、「児童が興味があまりない」「身近な物では無い」…といったことが出されました。拡大勉強会では参加者からの問題意識をさらに持ち寄って、本単元で身につけさせたい見方や考え方の一つである『条件制御の能力』につなげる方略を考えられればという話がされました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

金田先生からは、同じく「参加者全員で考える授業づくり」での『電気の働き(4年)』について問題点や課題、それらに対する教材案が示されました。
電気の働きについての問題点や課題として平成24年の全国学力学習状況調査の問題等の調査結果や児童の実態をもとに提案がありましたが、調査結果等について「子どものつまずき」という視点でさらに細かく分析できるとよいとの意見が出されていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

長沼先生からは、実践発表の内容について提案がありました。「子どもの意味理解を支えるイメージの利用」というテーマで6年生の電気の利用の単元での実践について提案がありました。電流による発熱を考える際のイメージを使った実践についての提案があり、実践提案での発表に向けて意見が交わされました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回のインクリでの検討したことをもとに12月26日・27日に行われる冬季拡大勉強会では、参加者全員で考える授業づくりや実践提案を行います。是非、冬季拡大勉強会へご参加ください。

入会について

活動について

会報「初等理科教育」

研究会の運営について

会員用ログイン

You are not logged in.

参加お待ちしています

理科教育団体リンク

【本部事務局】
日本初等理科教育研究会
地図
〒112-0012
東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学附属小学校内
TEL/FAX. 03-3946-1907
e-mail
jimukyoku●nisshori.com
(メール送信の際は●の部分を@にしてください。)