平成26年度中央夏期講座のテーマが決まりました

今年度は8月2日(土)、8月3日(日)に東京都文京区の筑波大学付属小学校構内で「第53回中央夏期講座」を開催します。

テーマは「子どもの意味理解を促す理科授業」です。

今年は、本会理事長の末永 昇一先生と、筑波大学附属小学校の佐々木昭弘先生が提案授業をします。

授業者の2名と、筑波大学付属小学校の森田先生、研究企画部の金田、渡辺の5名で授業者の意図を踏まえながら「子どもの意味理解を促す理科授業」というテーマ設定をしました。 8月3日(日)の午前中に筑波大学付属小学校の子どもたちとの授業が行われますが、末永先生が「3年生の電気」、佐々木先生が「5年生のふりこ」の単元で『子どもの意味理解を促す』授業を提案していきます。午後には、筑波大学付属小学校の先生方や前学力調査官の塚田昭一先生をパネラーとして、2人の先生方の授業について考えます。

御参観される方の質問が研究を深めますので、ぜひ多くの方の参加をお待ちしています。

 

写真は打ち合わせの様子です

初等理科打ち合わせ2 初等理科打ち合わせ1

入会について

活動について

会報「初等理科教育」

研究会の運営について

会員用ログイン

You are not logged in.

参加お待ちしています

理科教育団体リンク

【本部事務局】
日本初等理科教育研究会
地図
〒112-0012
東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学附属小学校内
TEL/FAX. 03-3946-1907
e-mail
jimukyoku●nisshori.com
(メール送信の際は●の部分を@にしてください。)